メニューを飛ばして本文へ

禁煙外来

禁煙外来とはニコチン依存症を治す外来治療のことです。

2006年4月から禁煙治療が保険適用されています。これは「喫煙をニコチン依存症という病気としてとらえ治療を行う」という考え方によるものです。

治療は問診、診察の上一定の条件を満たした喫煙者ならどなたでも受けられます。

治療に要する期間は12週間、診察回数は5回です。

初回、2回目(2週後)、3回目(4週後)、4回目(8週後)、5回目(12週後) の合計5回受診していただきます。

各回の診察時に呼気一酸化炭素濃度測定、禁煙実行・継続の確認アドバイスなどを行い、禁煙補助薬を処方いたします。

処方薬について

当院では内服治療薬として「チャンピックス®(ファイザー株式会社)」、ニコチン貼付薬として「ニコチネルTTS®(グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社)」の処方を行っています。

治療に要する費用は?

  • チャンピックスの場合:3割負担の方で12週間の治療費合計は診察・処方せん料が約6,000円、薬剤費・調剤料が約13,000円です。
  • 他疾患の診療も受けている方は診療内容により、治療費用は異なることがあります。

参考資料

「禁煙手帳 QUIT SMOKING」(Pfizer提供)

Pfizer(ファイザー)の禁煙サポートサイトもご覧ください。

チャンピックスの服用のしかた 禁煙治療のスケジュール

「禁煙ガイドブック」(GSK CHJ提供)

GSK CHJ(グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン)の禁煙サポートサイトもご覧ください。 ニコチネルTTS貼付薬の使い方